スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
真田 MUGEN流反復横跳び まとめ
2009/10/18
sanada4

Q.これは北斗七星ですか?

A.いいえ、北斗四十九星です。(←微妙に数え間違えてるかも)




ちょっとしたバグ画面だけど、これも反復ルートの1つ。
コンボムビ後からまもないけど、厨忍氏のAIのおかげでネタがジャンジャン入ってきましたw

生姜氏の真田は、原作とは違って援軍レベルが51~99の間では永パができず、LV100になってようやく永パができるようになるという不思議。
というのも、虎炎・壱のタメ攻撃を当てるタイミングが原作とはこれまた違い、LV51~99立援軍・屈援軍攻撃を特定の場面で当てて、虎炎・壱を吹き飛ばし効果が発生するまでタメて当てるが、どの方法でやっても、その前に受身が取られてしまいます(色キャラ操作でのケンは微妙に最速受身ができなかったので偶然できたということでw)

じゃあ、レシピはどんな感じなのかというと、何パターンか発見したので記述。



※記述しているレシピは、すべて援軍レベルが100のものになります。


・どこからでもいける、お手軽反復横跳び
(画面中央のあたり)
{~>屈強→(ほぼ同時に)屈援軍攻撃>(援軍攻撃キャンセル)虎炎・壱タメ}>(ブースト)(立→援軍or屈援軍>)J攻撃>~

{}記述は以下テンプレ


(画面中央のあたり・ちょっと魅せパターン?)
{テンプレ}>(ブースト)灼熱炎鳳覇→(すぐに)援軍アシスト>J攻撃>~


(壁端パターン・一般編)
{テンプレ}>(その場停止で)屈援軍攻撃>(援軍攻撃キャンセル)J攻撃>~

(壁端パターン・安定パターン編)
{テンプレ}>(ブースト)立→中>立←援軍攻撃>(援軍攻撃キャンセル)立強>J攻撃>~

(壁端パターン・無敵医師氏のギルティキャラ編)
{テンプレ}>虎炎・弐>(ディレイ)立←援軍攻撃>J攻撃~



屈援軍攻撃パターンの永パ。案外色々なところで使えるが、キャラによってはルートを変えなければならない。テンプレ内の屈強と屈援軍の同時当ては一般的に決まるものの、どちらかずらし押しでやらないと先に援軍が入って虎炎・壱が出ない、先に屈強が入ってダウンするというパターンがあるので要注意。
ダウンの時はどうしようもないが、もし援軍が先に入った場合のパターンはこんな感じでフォローできる。

~>屈強→(ほぼ同時に)屈援軍攻撃→屈強スカ>(低空ダッシュ)J強>立援軍攻撃>虎炎・壱タメ>(ブースト)J攻撃>~

立援軍でフォローすることにより、なんとか反復に持ち込めるが、高さが低いので落ちやすいのがネック。後、立援軍攻撃からの反復パターンはこんな感じ。


(画面中央で)
~>屈強>立援軍攻撃>立→強(1HIT目)>(援軍攻撃キャンセル)虎炎・弐>(ダッシュ)立強>(2HIT目が当たった瞬間)立援軍攻撃>虎炎・壱タメ>(ブースト)J攻撃>~

立→強>立援軍攻撃からそのまま虎炎・壱でもかまわないが、高さを上げたい場合はこちらがオススメ。壁に近ければ、虎炎・弐後の立強を1HIT目に変えてもOK。さらにこんなものも・・・


(画面中央で)
~>屈強>立援軍攻撃>立→強(1HIT目)>(援軍攻撃キャンセル)虎炎・弐>灼熱炎鳳覇→(ディレイ)援軍アシスト>J攻撃~

灼熱炎鳳覇に吹き飛ばし効果がついているので、こっからでも可能。


ちなみにこの反復永パは完走を目指すのではなく、できるだけダメージを与えてダウンさせることが目的。
というより、この真田の反復は完走できません。いけるように思えて、高度が徐々に下がっていき、最終的にはJ攻撃も届かなくなります(厨忍氏のAI見れば、なんとなくわかるかも)
この反復での注意点は以下の通り。

・J攻撃での反復中はいずれ、壁端で折り返しができなくなる時があります。その場合は着地したまま相手が落ちてくるのを見て、立中を当てて再び反復へと移行すべし(色キャラ操作vol.3参照)
・無理に上方向に強いグレイヴ攻撃や援軍攻撃など当てると、反復中に相手が別方向に流れてしまうので注意。



そして1つ前の記事にでも書いた、「特定の相手キャラで反復中にグレイヴ>J攻撃を当てると張り付き具合が非常に長く、そのままド安定永久に持って行けるパターン」。これはキャラの種類に関係しているのか、主に生姜氏作、ニート運送氏作のBASARAキャラ、rei氏作、アフロン氏作の北斗キャラが今の所、その対象になっています。たぶん対象キャラはもっといると思われ。 
どの場面で入れるかというと、上の(壁端パターン・一般編)のブーストJ攻撃をグレイヴに変える。つまり、壁端限定でのもので、画面中央から壁端まで来たときの折り返し地点でグレイヴを入れてもできるといった感じです。
なぜかは自分にもわかりませんが、グレイヴで張り付いた場合はそのままJ攻撃を繰り返すだけで、普段なら相手を落とさないようにする永パが、こちらだと自分が落ちないようにするという、なんか変わった永パですw

sanada5

戦国陸上で言うと、なんて言うんだろ・・・これw


こんな感じで生姜氏作の真田はなかなか面白いものです。
原作のようにサナダスペシャルができないにしろ、↑みたいなド安定永パがあるのでこのままでもいいかな・・・まだまだ更新されるかと思われますので、今回はこのへんで。
スポンサーサイト

MUGENキャラ操作研究 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<アバターキャラの誕生秘話っぽいの | ホーム | 主流メンバーを振り返ってみる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ouka2000.blog59.fc2.com/tb.php/72-275a0f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。