スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
新作ライフバー GEARLIFE MK2公開
2015/01/02
各ライフバーサンプル画像

新年、あけましておめでとうございます。今年もMUGEN活動をのんびりやっていきたいと思います。

ということでいきなり元旦に、去年からスローペースで作っていた自作ライフバーの新作ができあがったので公開。
第1弾目の「GEARLIFE」をいろいろ改善し、「GEARLIFE MK2(マーク2)」という形で出してみました。



ダウンロード(winmugenのみ対応)




すでに33弾目のコンボムビで、シングル版をサンプルとして出していましたが、そこからさらに改善しています。
今回のリメイクにあたって、どんな感じで作成したかを並べてみる…


・HPを目盛り式にして、どれぐらいダメージを喰らったか、回復したかをわかりやすく
⇒これは某つぶやきサイトでアンケートを取り、意見を取り入れた中の1つ。
ちょうど使っているライフバーのデザインが機械仕掛けで、よく目盛りをつかったデザイン(携帯電話の電池とか)を見かけるので、そういったデザインにしても問題ないということで実装してみました。
いっしょにトレモ相手だと一目でわかりますが、実践でもどれぐらいのダメージが入ったか、回復したかがわかりやすくなったのではないでしょうか。


・アニメーション増加でより機械仕掛けっぽいデザインに
⇒前は中央のギア、その背景の歯車しか動かしてませんでしたが、今回は電子回路のような光や、ライフ、パワーゲージの微弱な点滅など、アニメーションを増やしてみました。
あまり増やし過ぎると、ちょっと重くなるかなーと心配になったので、極力控えめに抑えました。(企画段階ではもっとアニメーションを付けようと思ってましたw)


・キャラごとのサブゲージとは、極力被らないように
⇒カプエスのGP画面、北斗の死兆星ゲージ、BASARAXの援軍ゲージ、ギルティギアのバーストゲージなど、かなりのサブゲージが存在しますが、それらとは被らないようにするというのが今回の難しい課題でした。
ライフバーは「シングル」「タッグ」「チーム」と3種類あり、その中で「パワーゲージ」「winアイコン表示」「タイム表示」だけ、3種類指定した位置が共通であり、シングルの位置がここだからタッグの位置はここ、ということができなく、その位置共通を踏まえて、3種共通のデザインのバランスを取るのに結構悩みました。
なるべく被らない、とりあえず見える位置まで抑えたという形にはしてみましたが、それでもMUGENに存在するキャラは膨大なため、どれかは絶対に被ってしまって一部のものが見えなくなってしまうことがあるはずです。
全てに対応するのはキリがないため、動画にする、または邪魔になって見えないということであれば、その対象のキャラのサブゲージを動かすことを推奨します。


ポトレサイズ対応増加
⇒これもアンケートによる、取り入れた意見の1つ。サンプルは上の画像を参照。
1弾目ではドット絵がなるべくつぶれない25px×25pxサイズと、stupa氏作のミズハスライフバー対応の90px×37pxサイズの2つを用意していましたが、今回新たに50px×50pxサイズを追加しました。
元々の小ポトレサイズである25px×25pxサイズで動画にすると、表情などかなり見づらいので、その倍の50px×50pxサイズの方が望ましいという意見を頂きました。
33弾目のコンボムビで検証してみましたが、確かに25px×25pxサイズの時より見えやすくなり、多少ドット絵が崩れていても綺麗に見える、ということで実装。
他の公開されているライフバーを見てみると、このサイズを使ったものはそこそこありました。



第1弾目と比較してみるとこんな感じ↓

hikaku.png


少しスマートになり、広く見えるようになったと思います。
今のところ不具合として、ゲージレベルが上がるごとに鳴るサウンドが鳴らなく、これの訂正に少し時間がかかりそうです。アルカプライフバーでは問題なくできたのだが…
後、MUGEN1.0以降のバージョンも作成予定です。素材自体は用意できてますが、winmugenとは違ってちょっとややこしいので、公開までしばらくお待ちください。

MUGEN関連 | コメント(6) | トラックバック(0) |
コンボムビvol.33うp
2014/12/09



コンボムビ33弾目アップしました。
今回はflax氏作の恵曇愁子、ティーフ氏作のフェリル、TM氏作の佐倉杏子、Ra lord氏作のⅩⅢルカリオの4キャラ。

恵曇愁子が今回のメインであり、ディゾルブ別のコンボ、オーバーヒート中のコンボなど多数収録。1ヵ月前ぐらいの生放送からちょいちょい慣れつつ性能把握して、ようやくコンボムビとして出せるようになりました。
ちなみにコンボ収録したバージョンは2.33。現在はそれ以上のバージョン更新になってますが、いまのところ影響なし(多分)
フェリルは29弾目から大幅更新により、以前とは全く違った新コンボを収録。
佐倉杏子は今回初。こちらも徐々に慣れてという形ですが、公開当時よりだいぶコンボできる幅がかなり狭くなったため、その中から使えそうなコンボをいくつか収録。
ルカリオは製作者、性能が違うけど、ルカリオ自体は過去に出したことあり。KOF性能ということで、そこまで長いコンボは無いかなーと思ったら、思わぬ10割ルートを発見したのでなんとなく収録w

そして今回、ブログでは告知していませんでしたが、ツイッターの方で1作目のオリジナルライフバーをリメイクしてみようという企画をこっそり出していて、ようやく形としてできたのでコンボ動画内で使ってみました。
今はシングル版だけですが、タッグやチーム、まだ未完成な部分の素材を埋め込んで、年内にはwin版と紹介動画をアップする予定。もちろんMUGEN1.0以降のバージョンも、来年公開する予定です。

それでは今回のコンボレシピ&解説どうぞー↓



MUGEN関連 | コメント(0) | トラックバック(0) |
コンボムビvol.32うp
2014/10/09



またまた期間あけてコンボムビ32弾目、できあがりましたー。
今回はFixxxer氏作シュウのソロコンボムビです。過去に出したコンボのアレンジも含めて、基礎コンから魅せコンなど結構色んなコンボが撮れました。
完成度は9月15日更新で90%と、ほぼ完成に近い形。100%完成版が公開されて新しい要素が見つかったら、また録画する予定。

今現在では安定してコンボが入り、ダメージの出るバニコンに頼りがち。
普通のコンボでも一応いいダメージは出せますし、★も取れますが、受け身不能時間の短い技が多く、地上攻撃>バニで〆ることができなかったり、相手キャラによってグレイヴ>エリアルからのゴクト技の黄明醒破がフルヒットできないパターンがあるため、なかなかダウンを奪えない場合があります。
今回の相手は、いつも使っているstupa氏のいっしょにトレモのカンフーマンより空中喰らい判定を少し大きくした、M3氏のトレモマンを起用し、リュウぐらいの空中喰らい判定を持っている相手を想定したコンボムビにしています。


それでは、今回のコンボレシピ&解説↓



MUGEN関連 | コメント(0) | トラックバック(0) |
アルカプ風MUGENライフバー MUGEN1.0版以降対応版公開
2014/03/16
名称未設定-2
名称未設定-3

新MUGEN対応版できましたー!
ドラクロコンボムビの時同様、ようやくちゃんといじれる環境ができたので、win版をがっつりいじって公開です。
新MUGENは画面が広く、win版の素材を流用できるものがあまりなく、win版とはまたデザインを描き直し、ライフバーの形変更やアニメーションの追加などおこなったため、完成まで時間がかかりました。
今回作成したアニメーションもせっかくなのでwin版に対応できればなーと…

注意としては、ワイド画面のステージ(16:9)では演出が見切れたりするので、できれば通常画面ステージ(4:3)で使用してください。
要望があれば、別データとしてワイドステージ対応バージョンも作って公開する予定。


ダウンロードは下からどうぞー


MUGEN関連 | コメント(8) | トラックバック(0) |
コンボムビvol.31うp
2014/02/22




31弾目作成。やっとですよ、ドラクロ1.0版!
MUGEN1.0ではコントローラが効かなく、ロクに操作もできない状態で4年後…MUGEN1.1リリースでやっとコントローラが効くように。
確認すると、攻撃判定の変更がかなり厳しい…それでも、一部の面白い変更により火力が伸びたりと、わりと面白い調整だと思いました。
1.0版でしかできないことがたくさんあり、まだまだ新しいネタが発掘できそうな予感。
調整に関する感想は、レシピカキコ後の最後にまとめてみました。


とりあえずはレシピ&解説。今までのドラクロとは違い、かなり変わってます。






MUGEN関連 | コメント(0) | トラックバック(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。